不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

このポーズでお腹に力が入るのは・・・〇〇の力がありません。

2017年6月16日

下半身が重たい、凄く痛くはないけど、なんとなく肩が腰が痛い。
この時期は、湿気をすってむくみ、血流が悪くなるからです。

なので、レッスンではうっ血している骨盤周辺をスッキリさせます。
そして、むくみをとるには、排出させる器官を活性化させることです。
排出を強くするには

でも、そんな中であるポーズをやったときに、思いもしなかったことを生徒さんと発見しました。

シャラバーサナ(バッタ)です。

このポーズは、丁度腎臓の位置を刺激します。

そんなに強度のあるポーズではないのですが、生徒さんがかなり辛そうにしている。

 

どこが辛いか聞いたところ・・・

「お、お腹が辛い」

 

このポーズでお腹が痛いということは、お尻や足に全く力が入っていないということです。

準備段階では、下半身に力を入れる練習をしているので、入る感覚は分かるはずなのです。

 

そうしたら生徒さんが、

「実は、座ると足が開きっぱなしになるのです。それって弱っているということですか?」

と!!!

それです!!!

 

内太ももが寄らないので、お尻(骨盤)が広がっているのです。

シャラバーサナなどの後屈の場合は、お尻を寄せる、太ももに力をいれることで上半身が支えられるのですが、このお尻が寄せられなかったのです。

お子さんは小さいので、抱っこしがちな生徒さん。

抱っこすると、足元が見えないので自然に足が開きます。

骨盤が開き気味になると、今度は足を開いている状態が楽になります。

 

なので、普段はなかなか分からなかったのです。

そして、この時期になんとなく腰が痛いとなったのは、元々の要因が加わったからなのでした。

骨盤が開き気味だと、しっかり上半身を支えられません。

そうすると腰に負担がかかってくるのです。

 

でも、今日原因がわかったので対策を考えました。
是非お家でやってください~^^

 


お知らせ

2017年8月10日
【ヨガの豆知識】むくみと転倒防止にはここを鍛える!!
2017年8月5日
【ヨガの豆知識】クーラーで鎖骨が痛くなる。
2017年8月5日
【ヨガの豆知識】大根足には、なりたくない・・・
2017年8月3日
【ヨガの豆知識】冷え性に効果的なこと②
2017年8月3日
【ヨガの豆知識】冬の寒さの凝りと夏の冷房の凝りは少し違います。

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top