不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガをやればやるほど、呼吸も動きも楽になる!!

2017年4月30日

こんにちは。

ある日の、西谷地区センターのヨガでのことです。

西谷ヨガ

そのときに、2コマつづけて参加されたYさん。

2コマ目が終わってから、
「呼吸がすごいしやすくなった。」
との言葉。

「最初の1こまめは、息が吸えなくて。2コマ目は大丈夫かな~と思ったら、こっちの方が全然楽なのに、びっくり。」

けっして、2コマ目が楽だったわけでは、ございません。
もちろん、1コマ目とは内容も違います。

1コマ目は、上半身が筋肉痛というので、背中に効く感じでやっていきました。
2コマ目は、産後9か月の方がいらして、仙骨痛や腰痛もだいぶよくなってきたので、体幹を鍛える系にしていきました。

肺というのは、肺自体は外との陰圧で勝手に動いているだけです。
スペースがある分だけ膨らみます。

このスペースは肋骨の中です。
しかし、この肋骨の肋間筋は、非常にこりやすいところ。

気温差、ちょっとのストレスで縮むのです。
そうすると、肺のスペースが狭くなります。

なので、肋間筋やそれにくっついているあらゆる筋肉、肺を拡張する筋肉(総称は、呼吸筋)を伸ばすことが肺のスペースを広げることになります。

そして、この呼吸筋は深呼吸を意識すると動きだします。

普段の呼吸では、肋骨を動かすほどの呼吸はしていないのです。

肺が膨らみ、肋骨を押す。

肋間筋伸びる。

周りの筋肉も動いて肋骨が広がるスペースを作る。

もっと、肺が膨らむ。

スペースを空ける

を繰り返していくのです。
だから、呼吸が楽になった~と。
苦しいのは、呼吸筋が動かないからなのです。

呼吸が深くなると、筋肉にエネルギーが行き、老廃物が出ていきます。
そして、動きが楽になるのです。

これが、普段から深呼吸を意識すると~
老廃物が出ていく

巡りがよい

ということなんですよ~。

だから、
「思ったより楽だった~」
というわけです。

呼吸筋を鍛えるとよいことだらけ。

ヨガなら勝手に鍛えられます^^

 

 


お知らせ

2017年5月26日
【ヨガの豆知識】あぐらがかけなくなってきて・・・
2017年5月25日
【ヨガの豆知識】ストレスで肩こりになる人
2017年5月24日
【ヨガの豆知識】西八王子でヨガ開催!なぜ?呼吸は止まってしまうのでしょう
2017年5月21日
【ヨガの豆知識】【顔ヨガ】で開運できるのはなぜ?
2017年5月18日
【ヨガの豆知識】むこうずねが痛くなるときというのはこういうことです。

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top