不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

◆気持ちが落ち着かないときにヨガはどうですか?

2017年4月29日

こんにちは。

◆気持ちが落ち着かないときにヨガはどうですか?


4月は、落ち着かないですね。
いろんなことが、バタバタありすぎて、心も疲弊しやすいときです。

気持ちを切り替えたい。
こんな時にはヨガです。
老廃物(不要なストレス)は、骨盤に貯まるといいます。
流すためには、股関節を動かしていく。


動いてないと、鼠径部(太ももの付け根)ガチガチになります。
ストレスで身体が前傾すると、股関節はつまります。
ストレスは、胃腸の状態を乱します。
太ももの前側を伸ばすと痛い方は、ストレスで胃腸がやられている可能性もありますよ。

ので、鼠径部もがっちり伸ばしましょう。

バタバタすると、呼吸も浅くなります。
でも、深呼吸を意識して見ると、あれっ浅かったの?みたいな・・・
そして、意識して、呼吸しだすと、身体もホッとして、スッキリします。

運動する暇もない人は、深呼吸だけでもこまめにやりましよう。
ストレスからきた食欲も落ち着きます。

ちなみに、7秒吐いて、吸います。
筋肉は、7秒で脳から筋肉に完全に指令が伝わります。
つまり筋肉が記憶する(効いてくる)。

普段は頭が先に動いているので、身体はそのとおりにしているだけです。
つまり、普段の身体は記憶なんかしていない。
脳が50%以上エネルギーを使うというのは、そのことなんです。
反射的というのは、筋肉がその指令を覚えていること。
スポーツ選手は身体が記憶しているのです。

だから、指令を一瞬で、例えば文字一文字でわかるような速さで理解するのです。

だから、7秒なんです。
ちなみに、7秒、ダイエットでアマゾン検索するとたくさん出てきます。

 

身体に意識をはせるのは、脳を休息させるのに効果的。

あなたの脳を休息させましょう。

 


お知らせ

2017年11月23日
【ヨガの豆知識】「ISD個性心理学を使い自分の持って生まれた気質を知る」座学講座
2017年11月22日
【生徒さんの声】新栄高校成人委員会様感想
2017年11月21日
【ヨガの豆知識】例えば出張講座の様子。
2017年11月21日
【ヨガの豆知識】あなたは、肉顔?骨顔?
2017年11月18日
【生徒さんの声】SS健康法の感想E.Tさま右肩がとても軽くなった!!

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top