不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

肩こりに悩む人は多いですよね。

2017年4月6日

とうとう、次男が中学校に入学。

毎日、ワクワクしながら過ごしている次男を見るのは楽しいものです。

只、緊張しているらしく疲れていますが^^

◆肩こりには、背中を胸を使いましょう

肩こりに悩む人は多いですよね。
なぜ、肩こっちゃうのかな?

まず、肩にぶら下がっている腕の重さを知っていますか?

1本キャベツ1個分です。

腕をぶら下げている腱(筋肉)はとっても細いのです。

見づらいけど、赤いのが筋肉で4つあります。
この筋肉の端っこが肩甲骨とつながっています。
これは、真下に腕がぶら下がっているときです。

でも、抱っこしたり、重いものを持ったり、パソコンしたりすると、角度がつくので、どれかの筋肉に負担がかかりっぱなしになるのです。

それが炎症を引き起こします。

でも、安心してください。^^

 

この筋肉の端っこは肩甲骨と一緒に他の筋肉とつながっています。

 

それが、胸(大胸筋)、背中(広背筋)なんです。

この筋肉はとても大きいので、この筋肉を使うと腕の負担、すなわち肩の負担が減るのです。

腕をねじるとわかりますが、胸や背中が動くのが分かります。
このねじりを上手く使って、物を持つ、抱えるなどをすると腕の負担、すなわち肩の負担が減るのです。

そして、普段からこの運動をしていると、指令が出てきます。

胸を、背中を動かせば、腕が協調して動かせるようになるのです。

これが体幹を使うと俗に言われることです。^^

文章じゃ分からないという方は、レッスンに来てくださいね~

 

  メルマガ登録(毎日を快調にするちょっとしたヒントを教えます。) ←時々更新します。


お知らせ

2017年12月9日
【ヨガの豆知識】なんとなく背中が痛い、しくしくするのはこんなことも。
2017年12月8日
【ヨガの豆知識】寝る前にやってはいけないこと。
2017年12月6日
【ヨガの豆知識】先手を打って、内臓の調子を上げておく!!
2017年12月6日
【ヨガの豆知識】顔ヨガは、それぞれの年代に効く良さがあります
2017年12月4日
【ヨガの豆知識】ママこそ深呼吸を意識して。

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top