不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

春の身体はどういう状態?ヨガでケアする

2017年3月12日

春ですよね。

春といえばデトックス。

身体の要らないものを出す=排出

 

ですが・・・

排出するために、身体はどういう状態になっているでしょうか?

まずは、副交感神経が優位になります。

なので、春は眠い~と言う状態になります。

肝臓が活発に動きます。

ストレスがかかると背中が痛くなるのは、肝臓がストレスなどの気持ちに弱いためです。

こんなに怒らない・・・

 

副交感神経が優位になると、全身の関節が緩みます。

閉まっていると出にくいためです。

そう、股関節も例外なく緩みます・・・

 

股関節が緩むと・・・

何気にバランスがとりづらくなります。

バランスが悪いと、腰痛になります。

アキレス腱に負担がかかります。(アキレス腱は、股関節の反射区です。)

アキレス腱が固くなると、当然ふくらはぎの筋肉も固くなります。

 

春は、解毒を行るため肝臓に血が集まりやすく、貧血にもなりやすい。

貧血=ミネラル不足

ミネラルが不足すると、筋肉がけいれんしやすいのです。

 

当然、固くなったふくらはぎがつります。

思い当たることありませんか?

 

かくいう私も・・・

バランスポーズがとりづらいのを実感しています。

自分で分かるのですが、とにかく一発ではピタッといかない・・・

なので、いつもより体幹を引き上げ、骨盤底筋群を締める力が余計にいる感じです。

 

でも、これはある意味季節に合わせて身体が動いているのです。

そして、それはとてもよいこと。

なぜなら、人間も自然の一部。

それに逆らうのは身体に余計な負担をかけることになるのです。

できるだけ逆らわず、原因が分かれば、季節に合わせたケアをしてあげるだけです。

疲れたら寝る。

歩いたら、ケアをしてあげる。

肝臓をいたわる。

心を穏やかにする。

これらは、ヨガで全部出来ますよ!!

春のケアしていきましょう!!

 

 

 

 

 

 


お知らせ

2020年6月27日
【お知らせ】始まりました!!教室
2020年4月6日
【お知らせ】オンラインヨガ教室のお知らせ・入り方
2020年4月4日
【お知らせ】教室お休みのお知らせ
2020年3月2日
【ヨガの豆知識】継続は力なりとは→変化をして変容する。
2018年11月13日
【お知らせ】顔ヨガの料金が上がります

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top