不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

階段を昇ると疲れる?のはこういう訳!!

2017年3月10日

ヨガに来ている生徒さん。

「最近、体力が落ちたのかな~。階段上がると足が辛い・・・」

 

まあ、確かに階段は疲れますよね^^

でも、それだけじゃないんですよ!!

筋肉の使い方とアンバランス差で余計に疲れるのです!!

それには、2つ理由があります。

まずヒントは、お尻歩きをすると分かります。

お尻歩きとは、長座(足を前に伸ばして座る)、前後マットの上を進むのです。
ポイントは、前後に揺れてもいいですが、上下になるべく揺れないこと。
腸腰筋という、腰から足に繋がる筋肉を使いたいので、上下に揺れると体側の筋肉を使ってしまいます。

ちょこちょこ歩きで、まず前方に進む。
「余裕~」
という方と
「無理~」
という方。
この違いは何故でしょう?
それは、腸腰筋が使えてるか使えてないかなんです。

「無理」
という方は、一様に太ももが痛い~と。

これが、階段を昇る時に辛いという正体①です。


理由は、太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)だけを使って昇るから。
足と腰を分断して使っているということです。
これでは、太ももの前ばっかり筋肉がついてしまいます。
マラソン、ウオーキングで細くなるどころか、足が太くなってしまう方いますよね・・・これです。
腸腰筋を使えると引き締まり、太ももばかりとはなりません。
足は、腰から出ているつもりで動かすとあらあら不思議、それほど疲れないのです。
これは、船のポーズ(V字腹筋)でも分かります。
太ももが疲れるのは、腸腰筋ではなく太ももの筋肉を使っているからなのです。
お尻歩きは、腸腰筋、そして骨盤も左右に動かすので、骨盤内の血流も上がってポカポカになります。

 

次の正体②

今度は後方にちょこちょこ進んでみましょう。

お尻を後ろに向かって押すようにしないと動きません。

そうです、お尻の筋肉を使っていないのです。

お尻を使うと、連動して太ももの裏(ハムストリングス)の筋肉も使われます。

この筋肉が階段を上がったときに、身体を支えるのです。

支えられないと、全身がふらつくので余計に力が入ります。

そして、この太ももの裏が弱い人は、太ももの前を優先的に使います。

要は、太ももの前だけの筋肉を使う感じにますますなるのです。

 

それが、階段を上がったときに疲れる原因なのです。

 

お腹から足をあげる。

しっかり、お尻、太ももの裏を鍛えて支える。

 

ヨガでは、後屈のポーズ

 

「お尻と太もものうらに力を入れて~」

と口を酸っぱくして言います。

 

そこに力を入れるんだ!!

と意識できればこっちのもの!!

 

ヨガをすれば、はそういうこともできるようになりますよ。

 


お知らせ

2017年5月26日
【ヨガの豆知識】あぐらがかけなくなってきて・・・
2017年5月25日
【ヨガの豆知識】ストレスで肩こりになる人
2017年5月24日
【ヨガの豆知識】西八王子でヨガ開催!なぜ?呼吸は止まってしまうのでしょう
2017年5月21日
【ヨガの豆知識】【顔ヨガ】で開運できるのはなぜ?
2017年5月18日
【ヨガの豆知識】むこうずねが痛くなるときというのはこういうことです。

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top