不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

膝痛はなぜ起きるの?膝痛はこの筋肉を鍛えると予防できる!!

2017年3月7日

加齢と共に何人かの方は膝が痛いと言ってくる方が結構多いです。
なぜ膝が痛くなるのでしょう。

その原因は、

①骨盤が開き気味(歪み)のせいで、股関節の角度がずれるからです。
そうすると、膝が歪みを相殺します。

②猫背になります。猫背になると、背骨のバランスをとろうとして膝が曲がります。

 

何故、骨盤が開き気味になるのでしょう?

内太ももの筋肉(内転筋)が弱いと骨盤が段々広がっていきます。

内転筋は足を寄せる働きをします。

O脚などは、内転筋が弱い典型です。

 

産後のママは、お産するので、これに似た状態になることがよくあります。

そして、今の生活ではなかなか足を閉じて生活することもない。

 

これをそのまま放置しておくとどうでしょうか?

 

おまけにここに猫背が加わったりすると・・・

 

膝は本来真っすぐ前を向かないといけないところが、外を向き、常に曲がったまま・・・

 

加齢でなるのは今までの生活習慣に膝が耐え切れなくなって悲鳴を上げるのです。

 

開いた骨盤は、寄せればいいのです。
座るときも坐骨を寄せる。
大きく足を広げて座らない。(恥骨をこれ以上離れさせない)

寄らせない生活をしていると、離れたままに。

内転筋(内太腿)を鍛えましょう。

橋のポーズ。

椅子のポーズ。

コツは、どのポーズもブロックなり、クッションなりをはさみ、太腿の力を意識すること。

電車などで、足がぱかっと開いてしまう方にもいいですよ。

 

そして、姿勢をよくする。

背骨を支える脊柱起立筋は、ヨガをしていれば普通に鍛えられます。

ポーズを取る時は常に背骨の伸びを意識していきましょう。

 


お知らせ

2017年7月24日
【ヨガの豆知識】【ヨガ】月経前のスイーツ誘惑をスルーする。
2017年7月24日
【ヨガの豆知識】【ヨガ】急なだるさはこういうわけです。
2017年7月21日
【ヨガの豆知識】もしかしたら・・・ズボンがきついのは?
2017年7月19日
【ヨガの豆知識】地味にきつく体幹を支える、部分に意識を向ける
2017年7月18日
【ヨガの豆知識】下半身がだるいときはどうしますか?

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top