不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

疲れからくる、腰の痛み、反り腰、リリース&強化

2017年2月13日

 

立ち仕事が多い方は、足腰が疲れやすいですよね。

生徒さんが、足腰のつかれから、腰痛が悪化しました。

元々反り腰気味のせいもあります。

整体で、整えてもらいましたが、ヨガでどうやってリリース&強化したらいい?と聞かれました。

、腰周りのリリース

寝たまま伸びたり、上下、ななめに手足をグンと伸ばして、筋膜を緩めます。

その後、仰向けで膝を抱っこして、吐きながら腰を床に押し付けます。

これは片足ですが、両足で大丈夫です。

背中ぺったり。お尻がほんの少し浮くぐらい。

腹筋を使うことによって背中側を伸ばします。

2 強化

今度は、緩めたら,強化です。仰向けで吐きながら、背中をおしつけて、ほんの少し足を上げる

俗にいう足上げ腹筋ですが、コツは余りあげ過ぎず、なおかつ一呼吸でOKです。

お尻の穴を丸め込むように力を入れます。

これは、下っ腹の腹筋強化です。

膝をたてて、頭を起こしてお腹を見ます。

これは、上の腹筋。

ポイントして、力を入れるところはみぞおちのところです。

ここに腹筋の起始の部分があるので、ここ一点に力を入れます。

腹筋は上も下も、起始(筋肉の始まり部分)があります。

ここを鍛えるだけで、強くなっていきます。

無理して起き上がったり、長時間ポーズをキープしようとすると痛めますので、気をつけましょう。

3下半身のリリース

腰周りを緩め、強化でしたら、下半身も同じように緩めます。
お尻の中臀筋という、奥の筋肉がこると腰は支えられません。
まずは、お尻を緩めましょう。(^^) 


簡単なのは、道具を使う方法。
まずは、小さいボールを用意します。
テニスボール位の硬さ、大きさがちょうどいいです。


これを床におき、そのうえにお尻をおいて、痛気持ちいいところ
をにあてごろごろする。
かなり効きますよ~( ´艸`)
ヨガでは、
鳩のポーズ(うつ伏せバージョン)
針あなのポーズ
ハッピーベイビーのポーズ

等、結構あります。

 4強化
立木のポーズ

 


英雄のポーズ3番
等、片足で立つバランスポーズがおすすめです。
バランスポーズは、グラグラするのが不安なかたは、壁を使うといいですよ。
足の親指の付け根を意識しつつ、足の裏全体で踏みましょう。

5、最後に何故ヨガがおススメか。

それは、バランスよくリリース強化ができるポーズが含まれているからです。

そして、身体は、全部が一部、一部が全部なんです。

元の原因と痛みのある場所が違うことはよくあることです。

腰痛の原因は果たしてなんなのか?

ヨガをすると、身体の歪みに気づくので、普段の生活も修正されます。

そうすると、本当の腰痛の原因もなくなるのです。

かくいう私も腰痛を解消した一人です。

何しようかな?という方にはヨガがおススメですよ。


お知らせ

2017年9月19日
【ヨガの豆知識】顔ヨガで気軽に首コリ肩こり、偏頭痛ケアをしてみませんか?
2017年9月18日
【ヨガの豆知識】基本の顔筋、動かしていますか?
2017年9月18日
【ヨガの豆知識】肺を助けてあげましょ!!完全呼吸で老廃物off!!
2017年9月14日
【ヨガの豆知識】ヨガで治すわけではない!!だったらなんで治るのだろう?
2017年9月13日
【ヨガの豆知識】夏の胃腸疲れ。何となく怠くないですか?

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top