不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

内臓冷えを予防するには。

2018年7月27日

◆お腹を冷やすと肩こりに?!

肩こり

 

肩こりになると、消化器系にも異常が出ることがあります。
というか、消化器系に異常があると肩こりになります。

内臓が腫れると、その周辺の筋肉も圧迫されて、血流が悪くなります。
そうやって、どんどん連鎖的に圧迫⇒血流悪化で、肩こりになるんです。

 

最近、お腹が冷えるという方が多いです。

 

最近は30度が涼しい~と感じるくらい暑い!!

エアコンをかけないと熱中症になるくらい暑い!!

 

でも、上半身や外側は暑くとも、身体の中(内臓)は元々体温が2~3度高いのです。

 

そもそも夏の食べ物は身体を冷やすものばかり。

それがエアコンをまだかけなくてもよい時代は丁度よかった。

エアコンに当たりっぱなしの状態で、食べ物は季節のものを食べていると、身体の中は冷えてしまいます。

 

要はアンバランスな状態になっているということ。

そのままだと、冷やすので、食べ物は塩を振ったり、火を通したりしなくちゃいけなかったり。

少し面倒ですね・・・

妊婦さんが、「腹巻していても冷えます・・・」
とのこと。

温度調整と食べ物に気を付けて、この後も乗り切りましょう。

 

こういう時、ヨガでは呼吸を大事にしています。

火の呼吸(カパラバーティ)

肋骨を広げたり、太陽礼拝などを取り入れています。

 

深い呼吸をすると、肺は自らの力で周囲の筋肉を動かします。

外からではなく、内臓に自ら熱を与える。

それが内臓冷えを予防しますよ。


お知らせ

2018年8月9日
【ヨガの豆知識】のほほんと老化に甘んじている暇はないぜよ、40代!!
2018年8月6日
【ヨガの豆知識】すぐ、背中が丸くなっちゃうのはなぜ?
2018年8月5日
【ヨガの豆知識】ヨガがなんで出来たのかというと・・。
2018年7月27日
【ヨガの豆知識】内臓冷えを予防するには。
2018年7月26日
【ヨガの豆知識】女性らしい身体。その望み!叶えましょう!!(笑)

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top