不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ゆっくりめなヨガの意味

2017年9月23日

今日はどうしますか?とテーマを聞くと

「久しぶりだからゆっくりめに」 との声をよく聞きます。

でも、ゆっくりだから楽なわけではないです。^^

ポーズ数が少な目にして、ちょっとキープ時間を長めにしています。 じっくり効かせるようにします。

ヨガで使う筋肉は、深層筋と言われる筋肉群です。

この筋肉の特徴は

  • 細い
  • 酸素を使う
  • 遅筋といわれ、脳から指令が伝わるのも遅い
  • じわじわとキープするための筋肉。

ゆっくりやると、実はきついのです。
と言ってもきついと言いながら1分30秒くらい。
筋肉が記憶する、指令が伝わるには最短7秒かかります。

そうすると1分30秒は長いでしょう!?

私が学校で、インストラクターのキューイングを習ったときのキープ時間は、2分~2分30秒でした。
でも、これはインストラクターの話です。
実際にこの時間を生徒さんにキープをさせたらとても苦しいのです。

前屈だったり、身体を預けるリストラティブヨガなどはキープ時間はこの場合ではありません。

長~いです。
脱力や開放でしたら逆に最低5分位はかけないと力が抜けません。(実際は20分以上)

身体に指令がいき、なおかつ程よく長めに^^

キープして、呼吸を一生懸命する。
シンプルだけど、一番効くのはこういうことです。

生徒さんがよく言うのですが
「やったのに、忘れちゃう~」

いいんですよ、忘れて。
おうちでやるヨガは、1つのポーズでもじっくりやれば効くのです。
私も家では、そんなにいっぱいやりません。

キープ時間が長~いことが多いです。
そういう時の方が身体を観察し、起きることを感じることが出来たりします。

レッスンは、60分で全体のバランスや自律神経を整えるため、プログラムを組んでいるだけなのです。
(即興ですが、これもずっとやっているから出来ること)

なので、”おうちヨガ”は一つのポーズでも長めにやれば、効果大ですよ。

一つなら、できそう!!
そう思いませんか?

 


お知らせ

2017年10月22日
【ヨガの豆知識】同じ後屈でもどちらが辛い?
2017年10月21日
【ヨガの豆知識】最近呼吸が浅いのだけど・・・どうして?
2017年10月19日
【ヨガの豆知識】ヨガ、顔ヨガ、いろいろ出張講座もしています。
2017年10月19日
【ヨガの豆知識】生徒さんの素朴な疑問①
2017年10月15日
【生徒さんの声】オンライン顔ヨガ講座のご感想

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top