不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

柔軟性がある人の陥りやすいこと

2017年9月21日

一般的に柔軟性がある人は、

「羨ましい」

と言われます。

 

スポーツでも言われますよね。

「柔軟性をつけなさい」

なぜでしょう?

 

柔軟性は、

  1. 他者からきた力を受け流し、ケガをしにくくさせる。

例えば、転ぶ、ぶつかる。

これが受け流せないと、衝撃をもろに受けて怪我をします。

2 凝りにくい。

筋肉が固いと老廃物が溜まりやすい。疲労しやすいのです。

 

只、この柔軟性は時と場合によっては諸刃の剣となります。

 

柔らかくなった千歳飴を想像してもらえると分かるのですが、柔らかいと棒にならない。

千歳飴にならないですよね。

 

そうなんです・・・自分を支えられない。

そして、ぐにやっと曲がったところに力が集中する・・・

その曲がったところに力がかかるとねじ切れる(痛めます)

 

ポーズを取った時に確かに気持ちはよいのです。

でも柔らかい、曲がる曲がる~とやっていると腰を痛めたりします。

 

痛めないようにするためにはどうするか?

インナーマッスルを使うのです。

 

お尻の穴を丸め込む。

下っ腹に力を入れる。

必ず身体を支えるところをポーズを取る時に作るのです。

 

生徒さんも下っ腹に力を入れることでこのポーズが安定してきました。

前は腰から反り返ってしまい、支えが必要だったのです。

「今一つ伸びる感覚が以前よりはないけど、痛くなくなった。」

とのこと。

 

そして、体幹に力を入れるもう一つ、いいことがあったのです。

 

それは長くなるのでまた今度^^

 

 

 


お知らせ

2017年12月9日
【ヨガの豆知識】なんとなく背中が痛い、しくしくするのはこんなことも。
2017年12月8日
【ヨガの豆知識】寝る前にやってはいけないこと。
2017年12月6日
【ヨガの豆知識】先手を打って、内臓の調子を上げておく!!
2017年12月6日
【ヨガの豆知識】顔ヨガは、それぞれの年代に効く良さがあります
2017年12月4日
【ヨガの豆知識】ママこそ深呼吸を意識して。

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top