不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

大根足には、なりたくない・・・

2017年8月5日

なぜ足が太くなるんでしょう?

大根のイラスト(野菜)

大根足には、なりたくない・・・

一つはむくみのため。
夕方、パンパンにむくむ方いますよね

それは、色々な原因が考えられます。
病気以外で下半身のむくみが起きるのは、長時間同じ体勢をしてるときです。

 

立ち仕事のかたや立っている事が多い方は、血液やリンパなどの水分は、地球の重力によって下の方にたまります。

 

それにより足がむくんでしまいます。
むくみを気にする女性のイラスト

どうしたらいいの?

 

むくみやすい方とむくみにくい方がいるのは、ふくらはぎの筋肉や太ももの筋肉がちゃんと動いているかどうか!!によって変わってきます。

 

 

ふくらはぎの筋肉や太ももの筋肉はポンプの役目をしています。
下に溜まった血液(静脈血)やリンパを筋肉で体の中心の方まで押し上げてくれます。
なのでふくらはぎや太ももの筋肉がしっかりしている人は下半身がむくみにくくなります。

 

 

むくみをとるには、足の筋肉をほぐして、動かしてあげると効果がでます。

お風呂に入った時や、空いてる時間などマッサージをしてあげるといいですね。

普段から、小まめに動かし、筋肉を鍛えてあげるとむくみにくくなります。
家事をしてる間、立っているときに、かかとをあげてふくらはぎの筋肉を鍛えてあげましょう。

ヨガで、下半身はかなり鍛えられます。
私も力がつきました。

逆転のポーズ(頭が下、足が上)もあるので、効率的に老廃物も流せます。
ヨガの鋤のポーズのイラスト(男性)
程よい運動なので、運動しすぎて疲れる。
足がだるいなんてことも、ヨガはありません。

程よい、ふくらはぎを手に入れましょう。


お知らせ

2017年8月10日
【ヨガの豆知識】むくみと転倒防止にはここを鍛える!!
2017年8月5日
【ヨガの豆知識】クーラーで鎖骨が痛くなる。
2017年8月5日
【ヨガの豆知識】大根足には、なりたくない・・・
2017年8月3日
【ヨガの豆知識】冷え性に効果的なこと②
2017年8月3日
【ヨガの豆知識】冬の寒さの凝りと夏の冷房の凝りは少し違います。

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top