不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

もしかしたら・・・ズボンがきついのは?

2017年7月21日

いつも来ている生徒さんが、夏になってもズボンがきついと・・・

ずっと来てくれて(6年くらいかれこれ来てくれている)おり、体型もそんなに変わっていない感じなのですが・・・

それは、もしかしたらこんな訳かもしれません。

私たちの内臓は”平滑筋”という筋肉。

休みなく動いています。

只、段々この筋肉も重力の力にあらがえず、内臓は段々下がってきます。

筋肉が伸びてしまうのです。

 

そう、この内臓が下がってきたなあと如実に思い始めるのが40歳前後。

なんだか、お腹ポッコリしてきたなあと思いませんか?

体重は変わらないのに。

出産した人は特に如実に感じる。

若しくは少し早いかもしれません。

 

内臓が下がると、骨盤周辺の筋肉(バスケット状)がそれを受け止めるのですが・・・

容量がオーバー気味に。

なので、容量を増やすために、骨盤を大きく(バスケットを大きく)するのです。

骨盤大きい=お尻大きい

 

となるわけです・・・

内臓を鍛えるのは正直難しい。

じゃあ、どうしたらいいの?

周囲の筋肉で補完するのです。

 

先ずは、バスケットの底上げです。

骨盤底筋群を鍛える。

そうすることで、坐骨や恥骨(骨盤の前後)が離れないようにします。

離れると、お尻が大きくなります。

 

そして、これ以上内臓が落ちてこないようにする。

腹横筋(脇腹)を鍛える。

 

今日は、この2つを重点的にやってみました。

毎日出来るように、ちょっとアドバイスして。

 

コツコツが大事ですよね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お知らせ

2017年8月10日
【ヨガの豆知識】むくみと転倒防止にはここを鍛える!!
2017年8月5日
【ヨガの豆知識】クーラーで鎖骨が痛くなる。
2017年8月5日
【ヨガの豆知識】大根足には、なりたくない・・・
2017年8月3日
【ヨガの豆知識】冷え性に効果的なこと②
2017年8月3日
【ヨガの豆知識】冬の寒さの凝りと夏の冷房の凝りは少し違います。

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top