不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

怪我をした後の膝に、できることがヨガではあります。

2017年7月12日

今日、ひと月ぶりに来た生徒さん。
「膝の靭帯を怪我してしまっていて・・・やっとこれた~」
と。

私も、高校生のときに、右膝と右肩をやりました。
うわ~結構激痛です。

 

「ゆっくりやります。」
と生徒さん。
私も今でも歩きすぎたりすると痛くなることもあります。
でも、この状態ヨガでよくなりますよ!!

一度やってしまった靭帯は手術するか、周囲の筋肉で補完するしかないのです。
膝関節が正しく入らないと痛くなる。

 

私は、ヨガをしだしてから右膝の調子がよくなりました。
それまでは、急に膝がガクッとなったり、ひどいと足をすこし引きずったりすることもあったのです。
でも、完璧なくなりました。

チェアポーズも正しくやると痛くなりません。

ヨガは関節を正しい方向にして重心をとり、筋肉を使わないとバランスが取れません。
なので、膝関節が正しい方向に入るとすっと取れる感覚が付きます。

逆にずれると痛くなったりするので、自然に自分で気を付けるのです。

お医者さんは「膝に筋肉をつけなさい」といいます。
この筋肉はポーズが正しくとれるとつきます。
(痛くないところ)

私も今ではヨガで調整をするまでになりました。
ポーズを取ってあれっ?となるときは、大抵重心のかけ方がおかしくなっています。
そしておかしくなるのは、日常生活でなんらかの影響を受けているときです。

 

ヨガは激しくなく、自分の身体に合わせてできるのでおススメです。

 

 


お知らせ

2020年6月27日
【お知らせ】始まりました!!教室
2020年4月6日
【お知らせ】オンラインヨガ教室のお知らせ・入り方
2020年4月4日
【お知らせ】教室お休みのお知らせ
2020年3月2日
【ヨガの豆知識】継続は力なりとは→変化をして変容する。
2018年11月13日
【お知らせ】顔ヨガの料金が上がります

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top