不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

立木のポーズで内股をよせる

2017年7月12日

 

火曜はデイケアセンターでのヨガ。
その中の生徒さんで、右膝が痛い生徒さんがいます。

その方は、内転筋(太ももの内側)の力が抜けてしまう。
内腿を寄せる筋肉が弱いと骨盤が開き、股関節の角度が少し変わります。

角度が変わると、膝に負担がかかるのです。
膝を立てたオープンの捻りなどで、力を入れる練習をするのですが、なかなか入る感覚がない。

そこで、昨日ブリクシャアーサナをやりました。


ブリクシャアーサナのポイントは

真っすぐ立つ
軸足も内側に押す
外側に体重が寄ったときに分かりやすい
立っていると重力がかかるので、足の裏に力が入りやすい

足の裏に力が入ると、内太ももに力が伝わるのです。
最初はぐらついたけど、ポイントを言ったらできました。

軸を内側に寄せる意識ができたのです。

生徒さんが嬉しそうに
「このポーズ、家で練習します!!膝を治したい!!」

この生徒さん
「ヨガをやるとよく寝れるし、とても気持ちいい。」
とかれこれ6年近くやってくれています。

最初は、全然動けなかったのが段々動けるようになり、それにつれて積極性が凄くでてくるようになりました。

身体も心も変化していく生徒さんを見ると、ヨガやっていてよかったと思います。


お知らせ

2020年3月2日
【ヨガの豆知識】継続は力なりとは→変化をして変容する。
2020年3月1日
【ヨガの豆知識】教室お休みのお知らせ
2018年11月13日
【ヨガの豆知識】顔ヨガの料金が上がります
2018年9月15日
【ヨガの豆知識】ヨガフェスで骨ナビ
2018年8月9日
【ヨガの豆知識】のほほんと老化に甘んじている暇はないぜよ、40代!!

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top