不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

姿勢をよくするには?

2017年7月11日

昨日の保土ヶ谷プールでの教室で、姿勢の話になりました。

「先生ヨガしかしてないんだよね、背中きれいだよね~」

と生徒さんに言われました。

というのは、私が

「大食いの早食い」

という話をしたから。(凄い速さで勢いよく食べるのでびっくりされる)

 

スーパーフード(チアシード?キヌア)食べるなら、肉・魚・卵など、タンパク質をガッツリ食べるという話をしたことと、姿勢がいいからそう見えるのではという話をしました。

姿勢がいいと内臓があるべき場所に収まるので、整って見えるのです。

 

体重はあります。(ガッチリですから笑)

 

姿勢というのは、抗重力筋を働かせないといけないのですが、

抗重力筋=体幹

です。

脊柱起立筋群(背骨沿った筋肉)や、胴体を覆う筋肉ですね。

 

「脊柱起立筋群は内側でしょ?どうやって鍛えるの?」

 

コツは、面と力の方向で鍛えるということです。

なんのこっちゃと思うでしょ?

物理で、「作用、反作用」という言葉があります。

(遠い昔習った記憶があると思います)

 

床を押せば、その力が返ってくるのが反作用。

つまり、反動です。^^

 

ヨガの場合、伸びると押すはセットになっている場合があります

上に伸びる場合、反対側(床の接地面)は押す側になります。

 

ポーズを取っていると、見た目は動いていません。

でも、身体の中でお腹を境に床を押す力と上に伸びる力を両方かけます。

そして、それが体幹の力なのです。

 

伸びるためには、更に押す。

押せばその反動が返るのでさらにに伸びるという訳ですね。

どんなポーズも意識すれば体幹は鍛えられます。

 

また、中心から左右に広げる力も使います。

英雄のポーズ2番の手を左右に広げるところとか。

プランクは背中から肩に向かって広げる力と、床を押す力を使います。

 

姿勢を整えるには身体の中心から発する力が必要なのです。

腕だけ、足だけに頼らないのです。

立っているときは、下半身は床を押し、上半身は上に伸びる。

 

勿論、細かいことはありますよ。

只、背骨を走るこの力を理解するのとしないのでは、細かいことをやっても姿勢は安定しない。

全ては、真っ直ぐ立ち、安定して座るためにあるのです。

 

このスイッチが脳と身体をつなぐまでは、

「腕、足が疲れる~」

とみなさんいいます。

 

でも、意識し続ければ必ず入ります!!!!

 

ヨガが女性におススメと言われるのは、脊柱起立筋群を鍛えることによって、

  • 少ない力で効率的に身体を整えられる
  • 表面の筋肉を鍛えるわけではないので、ムキムキにならない。

からなのです。

 

 

 

 

 


お知らせ

2017年7月24日
【ヨガの豆知識】【ヨガ】月経前のスイーツ誘惑をスルーする。
2017年7月24日
【ヨガの豆知識】【ヨガ】急なだるさはこういうわけです。
2017年7月21日
【ヨガの豆知識】もしかしたら・・・ズボンがきついのは?
2017年7月19日
【ヨガの豆知識】地味にきつく体幹を支える、部分に意識を向ける
2017年7月18日
【ヨガの豆知識】下半身がだるいときはどうしますか?

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top