不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

直立不動で寝てませんか?

2017年6月28日

こんにちは。
辛い、腰痛。

私も、ぎっくり腰をヨガを始める前に経験しました。

でも、そのおかげで、ヨガを始めようと思ったのでよかったのか!

朝、起きると腰痛がある方。

これは、寝てる間、寝返りを打てていない。
同じ姿勢が長時間続いて、圧迫されて血流が筋肉にいってないからです。

 

つまり直立不動で寝ているのです。

 

大人になると、余り打たなくなりますよね。
そうすると、体の筋肉が弛緩しないで、寝た状態になっても日中の癖が抜けていないのです。

なぜかは私もよくわからない

 

おそらく、寝てる間も、上手く自律神経が切り替わっていないのかもしれません。
本来は、脳以外の内臓は、ほとんどお休み状態。

この状態は、副交感神経が優位な状態です。

 

 

でも、胃腸の中に食べものが入っていたりすると、内臓は動きます。

寝室の気温差でも自律神経のスイッチが切り替わります。

これらのことで交感神経が寝ている間に優位になります。

そうすると、身体に緊張が走ってしまいます。

つまり凝るのです。

 

大人は、自律神経も子どもに比べると加齢で弱るので、そういうことも関係しているのかもしれません。

腰が痛い人は、朝起きるときは、いきなり動かさないようにしましょう。
布団の中で伸びたり、ツイストしたり、足首や足の指、手を握ったり、開いたり、側屈したりと、血流を筋肉にめがけて流していくように。

私も、レッスンの時のウオーミングアップでやります。

ゆっくり横にコロンと転がって、背中を丸めながら、頭が最後になるように起き上がってきましょう。

これも、同じことを、最後のシャバーサナ(おやすみのポーズ)後、起こすときにします。

 

寝てる時間は、1日のうちで一番長い姿勢です。
布団とか、寝室の環境にもこだわってみるといいのかもしれませんね。

後、お子さんと一緒の布団で寝ている方は、緊張が抜けづらいです。(これは私です。今だ次男がくっついている)

ある程度、大きくなったら1人1つの布団で隣で寝るといいかもしれません。

寝る前は、シャバーサナしてから寝るという生徒さんはとても多いです。

身体の部分、一つ一つ、細かいところを意識して、抜いていく。

何も考えようとせず。
思いうかんでも、それは雲が流れるように別のところへ流していく・・・思いにとらわれない。

そうすると、いつの間にか寝ているという方はとても多いです。

身体が弛緩する感覚を掴んでみましょう。
腰回りの緊張をとるように。

起きたときはスッキリですよ。

 


お知らせ

2017年7月24日
【ヨガの豆知識】【ヨガ】月経前のスイーツ誘惑をスルーする。
2017年7月24日
【ヨガの豆知識】【ヨガ】急なだるさはこういうわけです。
2017年7月21日
【ヨガの豆知識】もしかしたら・・・ズボンがきついのは?
2017年7月19日
【ヨガの豆知識】地味にきつく体幹を支える、部分に意識を向ける
2017年7月18日
【ヨガの豆知識】下半身がだるいときはどうしますか?

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top