不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

体幹から押す、体幹から伸びる。

2017年6月25日

「体幹から押す体幹から伸びる」とはどういうことでしょう?
今日のテーマは、体幹を鍛える。

 

まっすぐ立った、ターダアーサナ。

足の裏で床を押して、その反動で上半身をまっすぐ伸ばすのです。
只、このポーズはそれほど重力の力を受けていないので、上半身は比較的すっと伸びるイメージ。

ところが・・・
パールシュヴァッコナーサナになると、

 

 

このポーズ、伸ばしている足から頭まで、一直線です。
伸ばしている足は、お腹からグッと床に向けて押します。

よく見ると、ターダアーサナが斜めになっているポーズです。

「曲げている足が、凄い疲れちゃう、どうしても、この足に体重がかかっちゃう。」
という生徒さん。

こういう方は結構います。

 

これを防ぐためには、実はもう一つ力を加える必要があります。

それは、上半身を上に伸ばす力。
積極的に、この力を加えないと、ぐにゃりとなるのです。

反動にプラスをしないといけないのです。

上半身と下半身を繋ぐ骨盤に力を通さないといけないのです。
骨盤から床に向けて足を押して、その床を押した力を骨盤が受けて上半身に流す。

力が戻ってくるのを、骨盤が感じられるようにまずは足で一生懸命、床押してみましょう。

どのポーズもそうですが、体幹を通る力を感じるようになると、身体は劇的に動きが変わります。

イチローもやっているヨガ(ちなみに、イチローがヨガを始めたら、アメリカ在住の日本人男性の中でヨガブームが起きたという)

 


お知らせ

2017年7月24日
【ヨガの豆知識】【ヨガ】月経前のスイーツ誘惑をスルーする。
2017年7月24日
【ヨガの豆知識】【ヨガ】急なだるさはこういうわけです。
2017年7月21日
【ヨガの豆知識】もしかしたら・・・ズボンがきついのは?
2017年7月19日
【ヨガの豆知識】地味にきつく体幹を支える、部分に意識を向ける
2017年7月18日
【ヨガの豆知識】下半身がだるいときはどうしますか?

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top