不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

産後のスクワットはどうやる?

2016年11月20日

毎日快調!
ココロもカラダもハッピーで美しく
【初心者ヨガ&顔ヨガ&心ヨガ★ビューティフローヨガ】
横浜のヨガインストラクター渡邉勢子です。
川島地域ケアプラザでは、産後のヨガもやっています。

産後ヨガ横浜ビューティフローヨガ

 

いらしてくれた方は、産後3ヶ月で腱鞘炎になってしまいました。

 

産後が腱鞘炎になりやすいのは、妊娠中に分泌されたホルモンのおかげで身体中の靭帯が緩むためなのですが、それにしても早い!!

 

もう少し赤ちゃんが重くなってくるとなるのです。

 

お話しを聞くと、妊娠前も柔らかい方だったとのこと。

 

というと、通常の人よりも筋肉が弱っているといつても過言ではありません。

 

これは、骨盤底筋を早速鍛えなければ!!

 

なので、抱っこしたままでもできるスクワットをおしえました。

 

産後のスクワットは、腰幅ぐらいの足幅です。

両足の間はこぶし1個くらいで十分です。

壁によりかかり、壁との距離で負荷を調整します。

爪先と膝は同じ向きです。

 

  1. 吐くときに背中を壁につけたまま、かがみます。
  2. かがむときは、爪先が膝よりでないように。
  3. 吸う時に両足全体で地面を踏みしめながら膝を伸ばします。
  4. 特に、足の指、親指の付け根は浮かないように。

地面を吸い上げるように、一緒に会陰も引き上げるのがポイント。

足を浮かせずに押すことで、足の力を会陰につなげられます。

内転筋を働かし、骨盤底筋を締めることで、段々産むときに開いてしまった骨盤を整えることができます。

 

他にも、産後の生活の中でできることをお伝えしました。

 

産後は大変ですが、自分のために時間を割いて学びにきてくださいね。

 

子どもの発達に役立つベビーマッサージも教えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お知らせ

2017年7月24日
【ヨガの豆知識】【ヨガ】月経前のスイーツ誘惑をスルーする。
2017年7月24日
【ヨガの豆知識】【ヨガ】急なだるさはこういうわけです。
2017年7月21日
【ヨガの豆知識】もしかしたら・・・ズボンがきついのは?
2017年7月19日
【ヨガの豆知識】地味にきつく体幹を支える、部分に意識を向ける
2017年7月18日
【ヨガの豆知識】下半身がだるいときはどうしますか?

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top