不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

春が眠いのは~自律神経の整え方

2017年4月3日

春が眠いのは、春だからヤル気でない~という精神的要因だけじゃなく、ごく自然な生理現象と言われます。

自律神経のバランスが崩れる

冬から春に移り変わるこの時期はお天気も変わりやすくて、気温差が激しくなってしまいます。
自律神経というのは、体の働きを調節する役目をもち敏感な神経で、この自律神経は急激な気温差にバランスを乱しやすくなるのです。

自律神経を乱すと体に休むというスイッチがうまく入らなくなってしまって、その影響で昼間に睡魔が…
ONとOFFのスイッチを切り替える重要な役割を持つのが自律神経です。

暖かくなると脳の血流が減ってしまう

気候が暖かくなってくるとその影響で皮膚表面の血流量が増えていきます。

すると、血圧が低下し、結果脳の血流が減ります。脳の血流が減ると脳が酸素不足になり眠くなります。

ビタミンB群が不足してしまう

暖かくなってくると、身体の各器官の動きが活発になってきます。

それらが活発になってくると、糖質や脂質からエネルギーを作るのですが、アクティブに動くとお腹が減ってしまうのと同様に各器官が活発になるとそれだけ消費するエネルギーの量が増えます。

そういったエネルギーの元になるのが、ビタミンB群。お野菜などに多く含まれている成分です。

ビタミンB群が大量に消費されてしまい、春の眠気を招いているといわれているそうです。

活動量が増え、冬に比べると疲労度や睡眠不足に陥りがちになってしまう

暖かくなり太陽が出ていると自然と活動時間も増えていきます。そうすると疲労度も増し、睡眠不足に陥る事に繋がる事があるそうです。

眠気怠さを解消する方法


自律神経を整えるのが春を快適に過ごすためのカギになります。

まず、外から整えるには、自律神経の整う食物をとりましょう!

自律神経を整えるのには腸をいかに整えるかが肝!!

  • 食物繊維をとるとお通じがよくなります。

*腸の中を食べ物が進む時は、副交感神経になり、滞在時間が長いほど副交感神経が優位になる時間が長くなります。

ご飯を食べると眠くなりますよね。

  • 発酵食品で腸内環境を整え体の免疫力をあげる。
  • 水分を摂り、体内の毒素を外に排出してしましょう。
  • 失われたビタミンBの補給をしっかりとりましょう。

ビタミンBは代謝に関わるので、これを取らないと上手く各器官が活動しない。

只でさえ、使う時期なのに足りないと上手く活動できないのです。

 

そして、自分で出来ることは!!

呼吸です。

ヨガでは、深い呼吸をすることで自律神経を切り替えることができます。

自律神経は筋肉と同じで鍛えることができます。

呼吸で切り替えを促進することで波を整えるのです。

 

呼吸と食べ物で自律神経を整えていきましょう。^^

 


お知らせ

2017年8月10日
【ヨガの豆知識】むくみと転倒防止にはここを鍛える!!
2017年8月5日
【ヨガの豆知識】クーラーで鎖骨が痛くなる。
2017年8月5日
【ヨガの豆知識】大根足には、なりたくない・・・
2017年8月3日
【ヨガの豆知識】冷え性に効果的なこと②
2017年8月3日
【ヨガの豆知識】冬の寒さの凝りと夏の冷房の凝りは少し違います。

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top