不調の原因が分かる!だから、身体がラクになる!

女性専用、初心者OK、教室への参加リピート率95%

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室

初回体験レッスン1,500円

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

また、通いたくなる♪他の人には教えたくない!!ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

ヨガ教室・顔ヨガ教室のお申込みはこちら

柔軟性のある人はこんなことで腰が痛くなることもあります。

2016年12月1日

毎日快調!
ココロもカラダもハッピーで美しく
【初心者ヨガ&顔ヨガ&ココロヨガ★ビューティフローヨガ】
横浜のヨガインストラクター渡邉勢子です。

なんでしょうか?続くときは続きます。
昨日、今日と続く「ひねると痛いのです。」

の声。

 

腰周りが痛いこの生徒さんたちは、固い方ではありません。

むしろ柔軟性はある方なんです。

腰痛の女性のイラスト

 

それは、柔軟性があるゆえに起こること。

伸ばしすぎ、過伸展なのです。

 

特に捻るポーズに多いのですが、柔らかい方はひねりやすい方に余計に捻ってしまいがちなのです。

だから、捻る方向と反対側の脇腹が伸びすぎてしまいます。

 

右利きの人は、右脇腹。

左利きの人は、左脇腹。

 

前屈でもそうですが、伸びるのが気持ちいいばかりに、ハムストリングス(太もも)を痛める方も多いです。

「前屈写真無料」の画像検索結果

ヨガインストラクターになりたての方で、傷めてしまう方が結構います。

(私も昔そうでした。^^)

 

対策としては、ズバリ強化する。

ヨガ、横浜ビューティフローヨガ

そして、決してポーズをとるときや、普段の動きを柔軟性に頼らないことです。

柔軟性を求めてしまいがちですが、筋肉には強化も必要なんです。

「足に力を入れて」とか、「お尻の穴をしまって」とかいうのは、体幹に力を入れないと過伸展してしまうから。

元々体幹に力のある人はいいのですが、そうでないと伸びすぎてしまうのです。

ゴムも引っ張りすぎると切れてしまいます。

”気持ちいいなあという感覚を大事にして”、身体は、ほどほどに柔らかくしていきましょう。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


お知らせ

2017年11月18日
【生徒さんの声】SS健康法の感想E.Tさま右肩がとても軽くなった!!
2017年11月17日
【生徒さんの声】SS健康法感想M・Tさま。身体の変化が凄いです。
2017年11月17日
【生徒さんの声】SS健康法を受けてA・W様便秘が解消しました。
2017年11月16日
【生徒さんの声】SS健康法を受けてT・O様
2017年11月16日
【生徒さんの声】SS健康法を受けて感想K・Mさま

生徒さんの声

生徒さんの声をもっと見る

ビューティフローヨガのFacebookはこちら
ビューティフローヨガのアメブロはこちら
Top